4月5日(水)43歳~48歳開催しました

4月5日(水曜)イベント開催しました。
イベントの流れは…
先ずは『プロフィール』に記入して頂きます。記入した『プロフィール』を男女交換して、1対1で約4~5分自己紹介。
相手の印象をチェックします。
次に皆さんで、お食事を致します。『好きな食べ物、嫌いな食べ物』『お酒は飲めるのか?飲めないか?』『食事は基本です!好き嫌いがありすぎるとデートの時お店選びに、ほんとに困ります』⬅私の経験上ですが…

1491441731216

お食事の後は、珈琲、紅茶ん参加者さまでご用意して頂きます。気を使える方だと好印象みたいです。
最後に1対1を15分(席移動含む)この時間内に気になる相手へ『連絡交換をして下さい』・・後日連絡を取りたくても、お相手のモチベーションは下がっている可能性があります、お相手を思い出せない(印象が薄いもしくはタイプではなかった)から、今回は無い…となってしまいます。
イベントの流れは以上で終了です。
お誘いと言えば男性からの誘いを待っている女性も多いようですが、女性もお誘いして欲しいです。
デートといえばドライブやイベント、コンサート、ディナーをイメージしますが、いきなりそこまで重いものに誘わなくてもいいのです。片思いを失敗する人の特徴は、距離感の縮め方が下手なこと。
最初は、ランチやお茶でも全然構わないのです。ちょっとしたことから始めてみましょう。
一番良いのは、男性が一緒じゃないと(女性一人では)行きづらい場所へ誘うのがいいでしょう。例えばですが、競馬場に行きたい、新しいラーメン屋に行きたいなど、女性一人では普通行かないところへお願いして誘うのがいいですね。
誘う口実がない時は、どうにもならない理由を付けて誘う
たとえば、「予約したお店に、一緒に食事に行くお友達がキャンセルしたので、一緒に行ってほしい」や、「今日までのイベントだから一緒に行かない?」など、相手が「仕方ないなぁ」とちょっと思ってしまう理由で誘うのがいいと思います。
この時点では「あなたのことに興味がある」ということはないので、「仕方がない、付き合ってやるかぁ」というモチベーションを与えるほうがいいでしょう。相手が期待していない方が、デートのときに意外性を与えられて良いのです。
相手の趣味などをまずは事前に調べてみましょう。
例えば、あるアーティストが好きならばライブに誘ってみるのもいいですし、もっとライトな「焼肉が好き」のように好物を一緒に食べに行くでもいいでしょう。
その為には普段の会話を大事にすることが大切。「そういえば、◯◯さん、あれ好きだったよね、一緒に行かない?」と言える関係性を普段から作っておきましょう。

1491382098326
「相手の精神的負担になる誘い方」は止めようということ。「あれ、この子めちゃ誘ってる?」と思われると警戒されてしまいます。
そして、距離感は徐々に縮めていきましょう。いきなりデートに誘われても相手は困ってしまうだけですから。思い詰めないようにする為にも、日頃から少しずつ接している状態を作りましょう。
今日の出会いを大切にね‼
参加者のみなさん、お疲れ様でした。。。