4月のイベント開催

4月は、お仕事の移動や新年度始まり、忙しい中ですが、合計6日開催致しました。
一対一のフリートーク10分間もいざ会話してみると、10分間では足りない位です。参加者全員とフリートーク終了後、気になる人と、もう少し話たい連絡交換出来なかった、人の為に30分開放。何組か連絡交換をきちんとしておりました。良かったです(*^^*)この先も繋がって欲しいです!!
⚠注意!!中にはせっかくの一対一の時間なのに、自分の自慢話や自分自身の事を一方的に話す男性がおります。もう少しお相手の話を聞く余裕が欲しいです…男性の方注意して下さい。お願い致します。
4月も嬉しい報告がありました、昨年9月のイベント開催で知り合った、男34歳Tさん、女性32歳Nちゃんの御成婚が決まり6月に入籍するとご連絡を頂きました。
もう一組も5月に入籍しますと、参加者女性からご連絡を頂きました。皆さん末永くお幸せに。心から願っております。ホントに良かったです
本当に重視すべき条件は見た目や年収など目に見えるものではなく、男性も女性も、写真や書面では分かりづらい、目に見えないところなのでしょう。どうしても条件に傾きがちな婚活ですが、条件以外のところに意識を向けてみることで、相手の新たな魅力に気づくかもしれません。婚活市場において、男性は「年収」、女性は「年齢」のバロメーターで測られてしまいがちです。けれども、身の丈に合わない高望みをして周りをドン引きさせている人もいるのは、男性も女性も同じ。
「男は結局若い女子がいいのね!」と叫びたくもなります。しかし、これは男性の立場でいうところの、「結局女は金で男を選ぶのかよ!!」と嘆く感覚に近いのではないでしょうか。若いアイドルや女優がひとまわり以上も年上の企業経営者と結婚するなんてのはよくある話でしょう。女性を「結婚相手」として考えるなら…「女性は若いほうがいい」と言うのは分かるけれど、若いだけで結婚相手を選ぶかというとそれは別の話。子どもを望むなら 若い子を優先するかもしれないが、それよりも一緒にいてフィーリングが合うかどうかが大事だと思う。男性も女性も真剣に結婚を考えていて、結婚相手として相手を見るなら内面を重視するでしょう、愛嬌があるかとか、優しいか、癒されるか…といったところを見ますし。近年では男性が料理を作れるのも、いいみたいですよ。
相手探しを難しくしているのは、自分自身かもしれません。
せっかくお付き合いをしたのに、育った環境が違うからとか、性格、私生活のズレ、お互い分かり合えなく、お別れしてしまう…..すぐ別れてしまうのでなく、そんな時は少し距離をおくのも良いかもしれません。ちょっとでも会えない日が続いたら、きっと心も離れちゃう…と、恋人がいるときはできるだけ離れないようにしようとするのは、ある意味自然なのかもしれませんが、「どれだけ相手を想っているか」ということをお互いに再確認できるだけでも充分メリットがある。でも、それ以上にお互いの人生がもっと輝いたらステキです。だって、買い物中に見かけた感じの悪いおばさまの話とか、毎日そんな話してたってつまらないでしょ?(人生に楽しさが必要な人であればね)。それならば、見慣れない街並みでおきた電車でのできごとのほうが、よっぽど面白いと思わない?離れて過ごした時間を一緒に振り返ってみるのも、きっとひとつの楽しみになるし、それぞれが新しいことを経験していけば、いつも相手に話したいことがある状態でいられる
一緒に成長していくのも大事だけど、自分を磨いて成長していくのも大事なこと。そのためにも、行ったことのない場所へ足を運ぶのはベストな方法だと思う。新しい土地で出会った新しい自分を受け入れてくれる相手がいるのは幸せなこと。それに、ずっと一緒にいると見えてこないことも、離れてみることで見えてくるはず。人生はいつだって冒険だから、新しい場所へ足を運べば、もっと実のあるものになる。だから、恋人との別れが怖いからって旅に出るのを躊躇しないで。今の恋人があなたにとって最高の相手なら、今よりもっとステキな関係を築けるはずだから。
お出かけするにはいい季節になって来ました。一度きりじゃなくて、二度三度会ってから答えだしてもいいと思います。
参加者の皆様お疲れ様でした。
今日と言う日の出会いを大切にして下さい

18-05-04-11-55-08-709_deco18-05-04-11-57-37-903_deco18-05-04-11-59-25-460_deco